読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キウイ好きな人の日常。。。

趣味の読書やTRPG、あとは日々のあれこれについて書いてます。毎日が運動不足です。

インセインでファンブル神との対決!

どうも。最近気になる文具は、フリクションの消える蛍光マーカーです。

あれ、サイフィクのキャラシ書くのに便利そうですよね。今度数本買います。

 

二日目のセッション感想を書く前に、16日セッションのシナリオ名を追記ー。

GMひこやまさんのオリジナルシナリオ『重力の枷』でした。

宇宙飛行士になりたいかっこ良くて運動神経も良くて頭のいい男子高校生が出ます。自分はそんなNPCに憧れる地味系男子を楽しませてもらいましたが、同じ優等生友人PCや、恋する女子高生PCや、気さくな友人のような先生PCなんかもいい気がします。NPCとお話しするのは楽しいね。

 

そんでもって17日は数回参加させていただいている、女性オンリーコンベンション<猫と兎のお茶会>様に行って来ました。セッション充だヒャッハー!

GMの卓紹介では、いきなり「オレだ・・・」とスマホを使っての寸劇が入ったり(A魔法GM)、「CV:石田彰枠でお願いします」発言が入ったり(COCGM)。どれもこれも気になる卓だったんですが、シナリオタイトルとニムGMの紹介内容に惹かれてインセインに参加してきました!

シナリオ名『不安降神(ふあんふるしん)』。TRPGプレイヤーなら気になって仕方ないでしょ・・・?ダイス目に不安しか感じられない。そんなPLですが参加希望が通りました。

 

楽しかった感想は畳みますん。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

感想だー!ネタバレは極力ないようにがんばります。

卓紹介で「悪いで目を出した町人を4人選出して、そしてその中でも最も運が悪い人NO.1を決める儀式です」っていうのが強烈すぎたニムGMのインセイン。どんな町だよ・・・!と気になりました。鬼畜過ぎる町である。

 

PCはHO制で4人。GM曰く、「胃痛枠はPC1ですね。あとのPCは・・・どれも同じくらいかな?」というお言葉を信じて、儀式に疑問を感じているPC3を選択しました。

確定胃痛枠のPC1は「TRPGは数回目で・・・インセインは初めてなんです」と言う、インセインのルルブを横に二冊詰んでいた可愛らしいお嬢さんが名乗り出てました。初なのに確定胃痛枠を選択するとは・・・素晴らしい・・・。

そんなこんなで楽しいキャラメイク。出来上がったPC陣は

PC1:ダイス神の悪戯で、<職業:夜の蝶>になった紅一点の24歳の女性。

PC2:サイコロの出目なんて確立だろ?運なんて関係ないさ。と論理的な21歳男子学生。

PC3:おじいちゃんおばあちゃんが常連客の寂れた医院の36歳おっさん医師。

PC4:真面目で誠実で、ちょっと心配性なPC1の友人枠の24歳作家先生(男子)。

の4名でした。

・・・・・・・・。

自分のおっさんPC率の高さに、改めて目頭を押さえたくなりますね。ここ数ヶ月のセッションで、何人のおっさんが生まれたんだろうか。おっさんPC作るの、好きです。(開き直り)

 

ネタバレに・・・ならないように・・・とは思うんですが。言わせてください。NPCの女の子がめっちゃ可愛かった・・・!GMのキャラロールもあるんですが、めっちゃ!可愛かった!PCのシーンの背景でハットトリックなんか決めちゃうお転婆(?)NPCちゃんでした。可愛かった。(たぶんハットトリックはネタバレではない)

 

そんなNPCちゃんを加えて、あれやこれやと探索するPCたち。

紅一点なのになぜか壁担当スキルを持ったPC1さんは、精神力も防御力も人一倍。なんやかんやの末にPL陣から「勝利の女神か」「ジャンヌダルクか」「ジャンヌー!!」「いいから、ジャンヌはいてくれるだけでいいから」と言われるようになりました。主に自分が言ってた。強い女性って、素敵やん??

自分のPCと行動を共にしてくれたのはPC2さん。PL的にはお守り要因として同行してくださったんですが。なんやかんやの末に、おっさん医師が「クソが・・・!」となってるところに、最年少の男子大学生がおっさんの胸倉ひっつかんで「しっかりしろよ・・・!」というやりとり発生。気まずい雰囲気を構築しつつも、仲良く・・・なか・・・よく・・・・?コンビとして行動してました。

ふらっふらのおっさんを常に心配してくれる、頼れる最年少。申し訳ないと思いつつも、PL的にもPC的にもありがたかったです。だがしかし目は逸らす。

PC4さんは、PLさんのキャラロールが誠実一直線!な感じで、すげぇイケメンでした。でもPC1さんに対してはちょっとヘタレなところがね、可愛かった!

PC1さんとPC4さんのの甘酸っぱい雰囲気がもうね。ありがとうございます美味しいです!この2人のシーンが唯一の癒しです!とばかりに、によによしながらPLとして見てたんですが。残念なことにシーンプレイヤー権限で強制シーン終了。シーンプレイヤーの権限、強いわー。

 

にしても。出てくる情報出てくる情報、PLもPCも精神削られてるっていうね。引いた狂気カードが【憔悴】で、「まんまか!」となりました。体力は頑健積んで8あるのに、精神力が1サイクル目時点で3っていう・・・GMが言っていた「胃痛枠はPC1」とはなんだったのか・・・。

違うの。GMは悪くないの。「ぼくがかんがえたさいじゃくのぴーしー」みたいなネガティブ設定に、出てくる情報が全てダイレクトアタックしてきたわけで。あと、PC2さんの発言の数々が的確に地雷を踏んでいくわけで。勝手に胃痛枠になっていました。ちきしょう・・・!知ってる!主に自分のせいだ!!

最年長なのに他PCから「大丈夫ですか?顔色悪いですよ?」って心配される。なんか・・・デジャブ・・・すごい・・・デジャブ・・・。次にセッションするときは、メンタル強いPCを作りたい所存です。ウッス。でもメンタル弱でそこにピンポイントに情報が来て、「あぁぁぁぁぁぁぁ」ってなるのも好きなんだ。苦悩ロール、楽しいです(白目)

 

そんなこんなで精神的ダメージを負いつつ、クライマックスへ。

戦闘では他のPCさんたちが(っていうか主にPC2さんが)がんばってくれて、自分はほっとんど何もせず、クライマックスフェイズは勝利しました。

ふはは。おっさん、最後まで戦闘では何もせんかったよ。何のための頑健だったんだ。ごめんなさい。

エンディングでは一緒に行動していたPC2に同席してもらい、お礼など言って無事終了。たぶんその後は、日常に戻ってじいちゃんばあちゃんの診察する日々でしょう。

インセインらしい最後で、物語は幕を閉じました。

 

セッション的なハイライトは・・・いろいろありましたが、PC4さんの狂気カードコンボですかね。狂気カードは伏せてあるのを引くので、完全に運というか偶然なんですが、二枚しかないカードが連鎖して。PC4さんはサイクル1の段階で、体力が半分まで削られてました。「ずっとオレのターン!」で、勝手に削れる体力。卓のみんなで「いきなり大丈夫!?」とザワッとなりました。狂気カードでコンボが作れるとか。なにそれこわい。

 

はー、長々と感想かけて満足。楽しい時間でした!シナリオ製作者様であるGMニム様、同卓してくださったPLの方々、そしてお茶会主催様。素敵なコンベンションを、セッションをありがとうございました!また行きたい!!

広告を非表示にする