キウイ好きな人の日常。。。

趣味の読書やTRPG、あとは日々のあれこれについて書いてます。毎日が運動不足です。

7/16日はオフセ。マギロギでドキマギ!

どうも。タイトルで上手いこといえたつもりの、いのこです。

 

最近遊ばせて貰っているTRPGオフセ会の3TLさんで、一日中TRPGで遊んで来ました!当日は合計3名のメンバー。どう頑張ってもGM1人、PL2人というセッション。

そんな少人数のオフセでは、1セッション目:シノビガミ(GM)、2セッション目:マギカロギカ(PL)、3セッション目:30分勇者(GM)をプレイしてきました。

自分が持って行ったビガミは、遥 唯祈さんの公開シナリオ『出口なしⅡ』。
PL2人の特殊型。ちょっと変わったシナリオというか設定で、設定的には近未来?SFちっくな感じのシナリオです。真っ白い部屋の中だけで物語が紡がれます。

そんな部屋に閉じ込められてる2人は、比良坂機関で糸から布を作れる手先が器用な、ちょっとツンっ気のある女子高生と、隠鬼の血統で電子生命体のクライマックスまでマッパだったツクモガミ美少年。

ほうほう、少年少女のボーイミーツガールですね!甘酸っぱい展開にならんかのう!とGMはによによしておりました。

だがしかし。PLの片方が最初から殺意満々サツバツ!で、「殺す!」ムーブ。なんやかんやあって感情も愛を獲得したのに「愛してる!だけど殺す!」というわりと愛憎劇でした。楽しかったです。(ツヤツヤ)

そんな素敵なシナリオ、『出口なしⅡ』はこちら→シノビガミ シナリオ

 

PLをやらせていただいたマギロギは、GMのオリジナルシナリオ。

PL2人。6サイクル、12シーン。

PL「「6サイクル・・・1人6シーン!?お、多くないですかね!!??」」

GM「12シーンをPL人数で割る計算だからね。ガンバレガンバレ♪」

PL「「OH・・・」」

という戸惑いから始まりました。ヤッタネ!6回モヤリタイコトヤレルヨー。

そんな2人の分科会。所属は訪問者と異端者・・・すごくない?1~3の経歴がいないの。すごくない??(不安)

 

以下、セッション感想になるので畳みます。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ネタバレはない方向でいきますー。

作ったPCは訪問者。18歳の男子高校生、天文学部で星が好きな地味系男子。NPCの友人が宇宙飛行士目指してるとトレーラーにあったので、寄せてみました。

先日魔法使いに覚醒したばかりで、まだまだ初心者感の抜けないどんくさい魔法使い。

対する相棒役は、妹属性を持ち合わせる異端者のロリババァ。キャラ作成時には公開されてなかったシナリオNPCと苗字がバッティングするというミラクルが発生したので、そのNPCの妹(勝手に居候)に。NPCを「兄者」「姉者」という、素敵な妹者でした。

 

そして紡がれる物語。時は冬・・・大学入試シーズンの直前に起こる、魔法災厄。

大法典からの依頼とかしてる場合じゃないんですけど僕も入試なんですけどあっ友達が巻き込まれてるかもなんですねわっかりました・・・!っていう感じで導入が始まりました。

シナリオアンカーを2人いただいたんですが、女性NPCに<属性:恋愛>を取得。自分は普段は積極的に恋愛ロールをするPLではないんですが、GMから

「このNPC(めっちゃ美人)への推奨属性は<興味>か<恋愛>です。」

って言われたらね。<恋愛>とるよね。

でも恋愛はとったけど、別に相手と自分がどうこうなれたらとは思ってない。彼女が笑っていてくれれば、隣にいるのは自分じゃなくても・・・むしろ自分なんてふさわしくないし・・・みたいな、消極的男子高校生。

そしてそんな相棒を煽るロリババァこと仮住まいの異端者。なんか常に恋愛部分で煽られて「やめてよヨウカちゃん・・・!」「なんじゃ、しっかりしろ~(によによ)」的なやりとりしてました。楽しかったです。

 

情報収集も途中戦闘もわりと順調に進みました。

2人なんで、戦闘が起きたらわりとヤバイっていうか立会人が常に1人ってマズイよね防御プロットさんの少なさ不安!

しかもPL2人して根源力が1と2とかだったんで、「これ魔力解放一回で足りる・・・?」とヒヤヒヤしてたんですが、無事サクサク進みました。むしろ手番が余って調律して全回復。回復魔法とかいらんかったんや。

何が一番強かったかって、相棒が取得してた王国召喚がね。王国さんが、硬かった。

王国さんに補修かけて、ダメージ入る→ブロック→消費したブロックを補修→回復っていうコンボが強かったです。

ダイス運や、防御プロットの読みなんかも上手くいっていたんだと思うんですが、王国さんの固さは素晴らしかった。ブロック3の安心感ったらない。

 

そんなこんなで友達を助けたり、女性NPCと夢の中で出会ってドキドキしたり、女性NPCと相合傘でモダモダしたり、初期アンカーの夢が絶たれたり(運命変転が・・・ゴメン)、なんか予期せぬところで恋のライバルが登場したり、相棒に踏まれたり、地面に叩き付けられたりしながらも無事シナリオはクリアしました。

友人NPCの夢は絶たれることなく、運命変転が降りかかることもなく、大学にも無事に合格。ヤッタぜハッピーエンド!楽しいセッションでございました。

なにやらGMがキャンペーンというか、PCを継続できるシナリオを作って?くれそうな?気配?がするので、今後がとても楽しみです!

いつか女性NPCに告白ロールなんてのもしてみたいもんです。そのためには立派な魔法使いになって、度胸をつけなければね。

 

 

ところで気になることがひとつ。自分のPCの受験は・・・どうだったんでしょうか・・・。ダメだったら、学院あたりでやとってくれないものかなぁ・・・。

広告を非表示にする