キウイ好きな人の日常。。。

趣味の読書やTRPG、あとは日々のあれこれについて書いてます。毎日が運動不足です。

春のTRPG祭!

3/19のKADOKAWA主催、TRPG祭に参加していました~。

参加卓は今の自分推しシステム、【神話創世RPGアマデウス】。

同日発売だったアマデウス02、『旋血ラグナロク』を持参して満を期して参加して来ました。(02は早売りで買ってた。えぇ、もちろん予約してましたよ!)

シナリオは自分が参加させていただいた卓のGMさんオリジナル。

02で追加された北欧神話を背景に、もだもだわちゃわちゃして来ました。

 

セッション感想は後で書くとしてそれ以外のことを。

新作発表では、2作品紹介されました。

ひとつはゾンビ物。タイトルは『DAICE OF THE DEAD』。

表紙絵からゾンビを殲滅しまくるバイオ系?と思いつつ、PCもハーフゾンビになって政府的に隔離された東京から脱出しろ!というNOT人間からのスタートでした。

「おま・・・東京隔離って・・・出版社系やアニメ関係軒並みアウトやん・・・政府ぇ・・・」

というオタク思考は置いといて。

ハーフゾンビからのスタートで、完全なゾンビにならないように頑張るTRPGだそうです。なんかPVP入るんでないのかな、と思わせる編集さんのお言葉でした。

どんちゃん戦闘、PC同士の疑心暗鬼。

「僕らは、いつか、人間に戻れるのだろうか。それともこのまま・・・」

たぶんそんな感じのTRPGでしょう(曖昧)

人間に戻れる要素があるのかどうかちょっとわかりませんが・・・

映画だとこういう展開って「やった!外に出られたぞ・・・!」かーらーの、外の住民からの殺害っていうBADEND系が定番ですよね。

もしくは、無事だろうと思っていた『外』ももう汚染されていて。結局どこに逃げてもどこまで逃げても、逃れられないEND。

救いなど、希望など。初めからなかったんだ・・・系。わりと好きです。

 

ふたつめー。冒険企画局様から『片道勇者』。

書いてる人は知らないのですが、どうやら『片道勇者』というフリーゲームをTRPG化したもののそうです。

フリーゲームをDLしてプレイしてみたんですが・・・画面の右端から闇が侵食してきて、進めば進むほど世界が闇に飲まれていきました。

わりと絶望ですね??

自分はCPゲーム苦手なので、すぐ死にます。

死んだらリスタートで初めに戻されるのですが、強さというか経験が引き継がれてるんですね。死んでレベルアップ。

宣伝担当だった斉藤先生や編集のヘンシャルさんも仰ってたんですが、「死にながら強くなる」ゲームだそうで。

・・・・・・・・それ、もしかしてキャラクター的には前回のことを覚えたままリスタート?

闇に飲まれた世界も、そのまま死んでいった人たちも、救えなかった仲間達も、敵を倒した高揚も、死んだ恐怖も。

全部、抱えたまま忘れることなくリスタートってことですかね?

わりとかなり絶望ですね???好きです。

じわじわ侵食されていくPCの精神データなんかもあったら美味しいなって思います。

強くてニューゲーム?そんなの鋼メンタルじゃなきゃ耐えられないよ!

とりあえず、今からどんなシステムなのか楽しみで仕方ありませんなぁ。

 

以上。書いてる人の性癖がちょっと顔を出した感想でした~。

・・・・・・・・。

いえ、ちゃんとハッピーエンド物も好きですよ??

 

以下、セッション感想。

シナリオネタバレはなるべく控えますが、アマデウス02追加データにも一部触れてるのでOKな方だけ読んでください。

 

・・・・・・・・・・

へいへい!感想ですよ! いやー、もうね、もう。もう。

ありがとうございました・・・!!!!とGMさんPLさん達に90℃に腰を曲げてお礼を言いたい。そんな素敵なセッションでした・・・幸せ、だった・・・・今も思い出しては幸せに浸ってます・・・・(うっとり)

 

ご用意いただいたのは、北欧神話ラグナロク』を題材にしたシナリオでした。

北欧神郡から2名とヤマト、ギリシャから1名の4人パーティー。

災厄の子2名と創世の子2名。終わりと始まりの神子たちでした。

自分はロキ様の神子で災厄の子をやらせていただきましたー。 

親神、背景、ギフトと血脈値は既に決めていただいていたのでそれ以外をダイスで。

境遇:家族(幼い頃からアマデウスとして育てられた)

予言:神殺し(そのまま。神を殺すだろう)

シナリオHO:「世界を滅ぼすだろう」という予言のもと、幼い頃から侮蔑と畏怖の対象だった(ちょっと掻い摘んでます)

 

・・・・・・・・。

 

すごい、こう。しっくりくる境遇と予言でございましたね。今思うと。

なので「これはもう・・・職業は、これを選ぶしかないだろう・・・!」というひらめきの元『職業:ぼっち』を選択しました。(職業表のなかにあります)

侮蔑と畏怖を幼い頃から浴びて、人間不信で世を拗ねてる。目線は基本斜め下。そんな16歳男子をやらせていただきました。

シナリオ設定でたった一人の拠り所であるお兄ちゃんがいたので、最初から最後まで「兄さん兄さん」言っておりました。互いが互いのかけがえのない存在ってHOにあったので、そりゃもうブラコンにもなりますよね。GMさんのお兄ちゃんロール、素敵だったんや。

 

そんな世を拗ねた男子高校生は、明るく主人公的な輝きを持ったオーディーンの娘と、同じ災厄の子ながらも真面目で優しい物腰柔らかなヒノカグツチの息子と、苦学生ながらも暖かな心を忘れないお母さんポジションのデメテルの娘と一緒に寒い北欧の世界で戦い、成長していきました。

災厄の子は2人いるんですが、方向性の違いが面白かったですねー。

1人は学校ではぼっち、この世で信じられるのは兄さんだけ。

1人は生徒会メンバーで、誰からも頼りにされる真面目系。

創世の子も二人で、それぞれ個性があって面白かったです。PLの分だけPCがいて、個性がある。いいですね。

というか最初の設定作りのところで心を閉じたキャラ作ってしまったせいで、マジ、他PLの皆様には助けていただき頭があがらない・・・!

休憩中に席を立って、戻ってきたところでPLの方から

「スヴェリルくん(自PC)を助け隊が結成されました」という報告を受けるくらい。

ワァ、ゴメイワクオカケシテマス・・・!という心情でした。

パーティーの3名には、本当に、助けていただきました・・・あの面倒くさいキャラに良くしていただいて・・・・PLが思わず「こいつめんどくさい」と暴言吐いてしまうくらい面倒くさいキャラしてたのに・・・・・

心情的には、真っ暗な絶望の穴に落ちてどうしようもなくて声を殺してただただ泣いてたところに

「だから最初から言ってるでしょ!力を貸すわ!」

「諦めないでください、僕らがいます。」

「大丈夫、私たちがいるわ。だから、泣かないで」

と言わんばかりに手を差し伸べてもらったあのシーンは、本当に胸がいっぱいでした。

よかったなぁ・・・よかったなぁ、スヴェリル・・・・。

「お願い、力を貸して。俺を助けて・・・!」って言わせてあげられて、ホントよかった。運命共同体(ルビ:パーティー)って、いいね。

 

結果、ラスボスにも勝って。大切な宝物ができて、成長した旅路でした。

いやーー、これ以上ないハッピーエンドでしたね!

GMさんの個性のある親神様ロールも楽しかったです。

ロキ様との絡みはほんと、面白かったw「親心:愛情」は伊達じゃないww

あの後はロキ様にギャンギャン噛み付きつつ、兄さん兄さんって兄さんの周りに纏わりついて、学校では頼もしい友人に誘われて生徒会に入っておろおろしつつ、おうちでは新しくできたお母さん(同級生)のご飯を美味しくいただいて、ネット配信されてる後輩の歌ってみた動画を見ることを日課にしつつ、時々クロノスさんにちょっかい出されて成長していくのでしょう・・・・。

 

あの卓で、あのGMさんとPLさん達と一緒にセッションをできて良かったと思ってます。

ただただ楽しいばかりで、PLとしてもPCとしても幸せな時間でした。

これからのアマデウス達に幸あれー!

 

広告を非表示にする